読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アピアランスでガーリーブラケット 完結編

f:id:koivu-ihana:20160529222034j:plain

前回の記事の続きです。

ihana.hateblo.jp

今回はボーダーパターンや点線などの装飾を付け加える方法を解説します。

 

①グループ化で一つの塊にしてしまう

アピアランスをかけたいオブジェクトをグループ化すると、そのグループに対して塗りや線などのアピアランス効果が付与されます。
詳しい解説は

ameblo.jp

kinさんのブログを読むことをオススメします。

f:id:koivu-ihana:20160529222311p:plain


まず塗りを追加し、ドラッグして「内容」より上に設定します。
次に「パスのオフセット」でマイナスの値を入力し、「内容」より塗りが一回り小さくなるように設定します。

f:id:koivu-ihana:20160529222323p:plain


塗りに使ったストライプですが、こういう設定をしたオブジェクトをスウォッチに登録してパターンを作成しています。

②線をドットに変化させる

f:id:koivu-ihana:20160529222357p:plain


次に線を追加します。
こちらもパスのオフセットを適用し、先ほどの塗りより値を大きくしてより内側に来るよう設定します。

f:id:koivu-ihana:20160529222412p:plain


線のダイアログで線端、角の形状が丸になるよう設定します。
次に「破線」にチェックを入れ、「線分」を0、間隔を自分の好みになる値を入れれば完成です。

グループ化オブジェクト+アピアランスの注意点

グループを解除するとアピアランスも解除されてしまいます。
あくまでグループ自体に対してかかっているもので、解除後の個々のオブジェクトに対してかけたものではないからです。
そういった点に注意してくださいね。